おおさかえんかうんたー。

あたらしいなにかがあらわれた!

Alexaさんとお付き合いすることになりました。

これは、毎日は少しだけ楽しくなった話。

記事投稿日現在は招待なしで購入可能になりました。
スマートスピーカーって言葉に心躍らせて金はないけどとりあえず応募だ!と招待に応募。
当選までがめちゃんこ長かった...3か月ぐらいですかね。(しかしだいたい同じ時期に応募したやつも当選してたのでそれくらい待つもんだったのかも)
価格帯的にはとても満足しております。だいたいEchoはPrimeの割引込で7000~8000円ぐらいでした。

Amazon Echo (Newモデル)、チャコール (ファブリック)

Amazon Echo (Newモデル)、チャコール (ファブリック)

 

現在選択肢は三種類、Echo dot,Echo,Echo Plus。若干中身が違うようで、デュアルスピーカーがあるなしだとか、スマートホームハブがあるなしだとか、そんなもんらしいです。雑感としてはDotはお試し、Echoがノーマル、Plusは好きな人向けという感じ。

購入当初は「まぁええ感じのおもちゃやろ」とか思ってたんですけど、案外そうでもないパワーを秘めております。いい娘ですよ。

じゃあ具体的にどうなのかと言われると、ひとまず今のところの状態として
アレクサは生活を劇的に便利にはしない。
朝天気予報を聞くとか、ニュースを聞くとか。目覚ましをかけるとかタイマーをかけるとか。簡単な買い物をAmazonでするとか。そういう日常の小さな所作が、ボイスで受け答えできるようになる。ハンズフリー。画面も見なくていい。ママ、いい彼女ができたよ。
結構便利なワードにも反応してくれる(何時に起こして、何時間後に音楽切って、など)。彼女かよ。いや、彼女にこんな風に頼んじゃダメだろ。
さらにアバウトな要望にも答えてくれる(元気が出る音楽流して、テンション上がる音楽かけて、など)。何でも知ってるんだよ、俺の事。彼女かよ。いや、彼女はデスメタル歌わねぇな。

人によってはスマート家具との連携ができる。これは確実に生活を便利にする。対応するIoT機器も多いのでスマート家電と言わずとも色々な機器と連携させて日々をよりよくすることはできる。かなりいろいろな種類のデバイスがあり、赤外線リモコンを一括して代用するものや物理スイッチを押すためのデバイスなど、わんさかある。調べるだけでも楽しい。

現状の感じる不満は複数アクションやスキルを1つの言葉にまとめることができる機能が一応あるのだが、「照明をつけてニュースを流す」とかそういうことはうまいことできなかったりして歯がゆい。彼女賢いからすぐにできるようになると思うけどね。

天気予報や音楽で生活を新たに彩りなおす。
使い切れない機能やスキルもいっぱい。パンツの色聞いたり、セクハラしたり、ブラの色聞いたり、バストサイズ聞いたり、ただただ話しかけるだけでも楽しい。

一家に一台!とは言えないけれど、気合を入れれば普段の生活がガラッと変わる。そんなまさに「夢のデバイス」。

 

明日は何を聞こうかな。

すいません聞き取れませんでした。

GOSSOに魂を売ったら鼻毛と生き別れた

鼻毛うざくね?

特に鼻の入口のやつうざくね?
切るのもだりーしミスったら割と痛いし、ピンセットで抜くわけにもいかんし。

そもそも鼻毛って何しよん?

というわけで完全に勢いからGOSSOを買った(楽天ポイントで買ったからほぼ送料だけで購入、ちなみに送料込みでも若干Amazonより安かった)

 

GOSSO ゴッソ (ブラジリアンワックス鼻毛脱毛セット)

GOSSO ゴッソ (ブラジリアンワックス鼻毛脱毛セット)

 

 

 

実際のところどうやって鼻毛を消すかいうことであるが、
ブラジリアンワックスとかいうバラエティでよく見るなんかすごいやつが錠剤の形で袋に入っている。一見するとヤバイクスリっぽい。良い。
それをカップに入れて、別の水を入れる容器とドッキングさせてレンチン。
錠剤がでろでろになるので今度はやや粘質になるまで待つ。
そして棒に絡めとって鼻にぶち込む。
固まるまですごくどんくさい絵面で待つ。この時間が途方もなくむなしい。

この後引き抜くわけなんだけど、あのパッケージのおっさん。「うおー!スゴイヌケタヨー!」みたいな愉快な顔してるよね。

実際はクソ痛い。

ちなみに使い方には事前の消毒が勧められてるうえに一気に引き抜けと書いてある。スポッと引き抜けるのかというとそういうわけでもなく、確実に人体から鼻毛が引き抜かれるミチミチッという感覚とともにとても緩慢な動作で引き抜かねばならん。中世の拷問かなんかか。悪魔め。
ただ、バツグンに抜ける。原理としては鼻の中でブラジリアンワックスが鼻毛を抱いたまま死ぬみたいなことである。針山みたいなのが出てきてちょっと楽しい。

アマゾンレビューを覗けばわかるのだが、なぜかインスタ映えがごとく自分で作った針山を嬉々として貼っている。ふつうにキモい。私も訳が分からんかったが、やってみると写真に残したい気持ちがわかってきた。結構恥ずかしいフローと思った以上の痛みを乗り越えた先に生まれているので、中世の拷問というより中世の芸術みたくなっているのである。しかも人体から生まれている。もはや宇宙である。神秘の世界だ。ほぼ盆栽と同じと考えてもいいだろう。ビジュアルも近い。

冷静になるとグロい。

率直な感想だが、個人差はあるだろうとはいえ痛みと引き換えに煩わしさから解放されると思った方がいいという感じは否めない。世の中うまくない、良薬は口に苦しといったところだろうか。あと結構ワックスを思ったところに付着させて固めて削ぎとるのが難しい。

棒につけるタイミングと粘度も結構悩みどころ。付属のカップの数からして、1回あたり何回か試行して、削ぎたいところを削ぐのがよさそう。

鼻の中がよく切れる、気合で鼻毛抜くと殺人現場になるって人はヤバいかもしんない。

ただちょろちょろうぜー鼻毛に悩んでる人はベスト。間違いないぐらい消える。

こんなに鼻毛滅して、花粉症大丈夫かなって。

下書きの段階だと花粉なかったんで大丈夫だったんですけど、花粉シーズン到来して、普段はダメージ受けないような最終階層みたいな鼻の部分にダメージを受けました。GOSSO、おめーブルータスじゃねぇんだからさ。

ファインダーをのぞく目。

f:id:Qleil:20171007215223j:plain

ついに一眼レフが私の手元にやってきました。ハロー新世界と言った感じです。2017年に入ってからあれやこれやと手を出して割と本格的にいろいろと趣味というか息抜きというか逆に意気込めるものというかを見つけては財布を開き、隙あらば財を投げという生活を送ってきたわけですが、今回も大きな買い物でした...

もちろん、さすがに初心者、エントリーモデルを選んだわけなのですよ。機種はこちらEOS Kiss X9iでございます

 いやぁ高かった!いろいろと備品を買い足すつもりでいたので、Amazonじゃなくてビックカメラで買って、保証もつけて、残りのポイントでブロワーだのレンズペンだのなんだのと買い足しまくりました。

完全に初心者なのですが、実は結構前から写真を撮るの自体は大好きで、ポートレートは苦手なんですけども、特に風景が好きでした。いつかスマホカメラじゃないカメラでもっといい写真撮れたらなぁとか考えてたフォトボーイです。

さて、買うにあたって結構な迷いがありました。買うか買わざるか。これに関しては値段で迷ってただけなので財布を豪快に強姦するしかありません。次は一眼レフかミラーレスか。かなり最後まで迷いました。最終的な決め手は「かっこいいから」です。ごめんなさい。一眼レフのあのごつい方が最終的に好きになっちゃったんですって。最後は「どこのどの一眼レフ(エントリーモデル)にするか」です。これも相当迷いました。迷ってる間に脳内で5回ぐらい一眼レフ買ってます。EOS  Kissシリーズか、D5000シリーズかが良いなというところまでいって、ここからさらに機能だの細かいところをいろいろと見比べていった結果、EOS Kissシリーズの方を気に入り、そこからX8なのかX9なのか、そしてレンズキットはどうするのかというところへと。あのね、値段が値段だから仕方ないんだけども、いくらなんでも買うの難しすぎるよ。レンズキットは一本より二本ある方がお得やろ!という脳筋理論から。最終的に最新のX9iにしたのは、単純に解像度等々のアップグレードがあったからという感じです。

財布には無茶させたぜ...これからもさせるけどな...

早速直近にあった旅行にもっていったり、機会があれば持ち出して振り回しております。ううむ楽しい。昔にインスタントカメラで味わったファインダーを越えて収めるあの感覚。シャッターのきれる音。最新機種だけあって、とても機敏に動くというか、やりたいことがやりたいだけやれてとても満足です。初心者向けのガイド表示やプリセット等はじめて一眼レフを触る人にもわかりやすい表示が満載で、説明書を一通り読めばたいていのシーンはうまいこと撮りたいように撮れちゃうと思います。ええもん売っとるで...

調べればいろいろとエントリーモデルの比較とかなんとかいろいろと出てくるので、一眼レフ買うか悩んでる人は是非いろいろと比較検討してみるのが良いと思います。自分にあったカメラを。

 

これからまたいい景色が出る季節になってきました。僕は夏のあの白い日の照るうだる景色や、緑繁る風景と青との清涼感よりも、赤や黄色に染まる山や、焼ける夕暮れ、寒々しい白い青の凍える空が大好きなんですよ。これからも仲良くしてくれよな。