おおさかえんかうんたー。

あたらしいなにかがあらわれた!

スマホを落としただけだった。

紛失は突然に。
今回はスマホを落とした男が如何に奔走したのかのまとめです。


突然の紛失。普段から傘や財布を落としに落としまくっているある意味プロであるところの私は、むしろ焦りはなく、心は凪いだ湖面のように静かだった...
だが翌日。思っていた場所にない。
これは、ヤバイ。

普段ならばなんてことはないのだが、その時は翌週に控えた用事のために店を予約をする必要があり、郵便局にも本人限定郵便を受け取る連絡をする必要があった。これを自宅の電話機からやるのはダサイしいろいろとめんどくさいので避けたい。

解決策①~駅に落としてなぁい?
JRのチャットで落し物を検索するサービス*1。電話のように時間帯を気にせずにとりあえず打ち込んでおいて後から連絡を待つというスタイルができる。とても便利。だが見つからず。

解決策②~位置を特定したい
端末の位置を特定して無くした場所を同定する。
ある程度目星はついていたが、確実にするためにもこの方法をとりたかった。
実は家で本の下に眠ったましたなんてことになればおいおいジョージって感じだからね。
②-1:PlanBというweb版のGoogleアプリストアから遠隔で端末にアプリをダウンロードさせて、強制的にGPSをオンにして位置情報を指定したメールアドレスに転送するというもの。これをすぐに使いたかったが、スマホからはwebアプリストアが操作できずその場では断念。
②-2:iphoneを探すのような機能がandroidOSにもないのかと探したところFind My Deviceなるサービスが浮上*2。どうやらOSレベルのものらしく、天才の俺の事だから...と調べてみれば見事登録していた。これにより、GPS機能をオンにしていた日の足取りなどをたどれる。もちろんオフにしていたのでその機能は使えなかったが、端末のマナーを解除して強制的に鳴らすことも可能。設定している音量も関係なく爆音で鳴るらしい。もちろん発見できず。
②-3:auの端末位置特定サービス*3。電波さえ発していれば基地局などからかなりおおまかではあるが位置を特定できるというもの。これが光った。GPSオフにしてようがなんだろうが問答無用で位置を炙り出せる流石キャリア様といった無敵機能だった。これによって推測していた場所にあることはほぼ確実になった。

しかし結局どれを使ってもビルレベルだとその中のどこにあるのかまではわからず断念。

翌日。予約をしなければいけない期限も郵便を受け取らなければいけない期限も近づく中、FGOのデータ引き継げなくね...?」という最悪の事実に気付く。さらにsteamの二段階認証blizzardの二段階認証もやってることに気付いて、これは死ぬほどめんどくせぇぞということに気付く。
さらにさらにauのマイページにログインしようにも二段階認証がsmsで送信されるため死亡。どうしようもねぇ。

ここで閃く。
「端末はここにあることがわかってるんだから、今絶対解決したい電話問題を解決しよう」と。
必要なのは新たな端末かSIMカード(P20がauの4GLTEバンド対応して助かった。)。
auに、凸するしかない。xperia x performance、絶対見つけてやるからな。
どうにかしてこれらを手に入れれば当面のほぼ全ての問題は解決する。

なのでauに行くことを決めた。意を決してauへ。ガンガンスマホ触りながら「端末紛失しました」っていうのサイコパスっぽくて気を揉みました。

解決策➂~SIMカードを取り戻せ
結果的に「端末持ち込みの機種変更」みたいな扱いで紛失中のSIMは無効にして2160円でその場で新しいSIMカードを再発行してもらえました。通話も無事成功。ありがてぇ。
いわく、端末補償(端末代の支払いが終わったので切っていた)があれば新しい端末が安価で手に入ったらしい。もったいないことをした。
ちなみについでなので電話番号とメールアドレスだけを維持したアホ安いプランにしたいんですけどと言ったところ、どうやらそういうのはないらしく、ピタッとプランで電話とデータ通信を抑えるのが今の状態だと1番安いらしい(家族割とか、最初の1年割引みたいなのも含めた話だと思う)。

問題①~メールもねぇデータもねぇ
しかし。不具合発生。データ通信系の設定が全くされておらず、通信できない。調べてみるとAPN設定とLTE NET FOR DATEに契約がいるらしい。

auのAPNプロファイルをネットの海を探して設定。無事4GLTE開通。
次はメールアドレス。これも死ぬほど厄介だった。
auのデフォルトのwebサービスを使おうにも登録認証のためのメールが今使いたいメールアドレスに飛ぶので認証させられない。いにしえの個人IMAPを解禁するためにCメールを送信、ユーザーエージェントをiPhoneに偽装して設定用のIDとパスワードを取得した*4

次はGmailへの登録。これも厄介で、入力フォーム名がわかりにくい。フォーム名通りに入力してもうまくいかなかった。適当に入力して行って最後の方の全部入力する画面で訂正していくとわかりやすいはず。
無事設定が完了するも結局直近90日分しか同期されない模様。webサービスの方も同様だった。なんでやねん。フラグをたてておけば別で処理されたっぽいのだがそんなことしていない。大事なメールはロックかけてフラグもたてよう。

でその翌日。職員の人が拾っていたらしく端末が帰ってくる。

問題②~静まれスマホ
今度は端末にかけたFind My Deviceの保護が鬱陶しい。
これも調べたところ、スマホ自体のセキュリティを設定から一旦ゼロにしてパスワードの表示をオフにすれば消えた*5

 

ここまでが2160円損してただ骨を折りくたびれた儲けもなく教訓だけを得た話である。

 

まとめとしてはMVNOにする予定は1ミリでもあるならキャリアメールでいろんなところに登録するのはなにもいい事がないので断捨離していこうということである。フリーメールか独自のドメインのメールアドレスがやっぱりなんだかんだいいのだ。
あと端末代支払い終わってようが、紛失故障補償はつけたほうがいいってことである。未練のない端末を捨てて新しい端末が手に入れられる可能性があるのだから、あるにこしたことはない。

いいじゃん、モバイルSuica

敬虔なキャッシュレスの民からしてみればおそらく至極当然の風景であろうモバイルSuica
使ってみたらとんでも便利だったという私的レポです。

普段はPiTaPaのポストペイ機能に思いを馳せながらSMART ICOCAを使っています。
使っていて感じる不便な点は以下の通り。(2019年1月の話なのでもしかしたら今後改善されていくかも)

 

・ここらへんが不便

まず一つはクレジットカードに連携しているのに筐体からしチャージさせられず、しかも3000,5000,10000円しか選択肢がない。もちろん、JR以外の筐体では現金チャージしか出来ない。しかもクイックチャージ用の筐体がよく使う駅にほとんどなく*1、普通に乗り越し精算の列に並ぶこともしばしばである。

二つ目は便利機能の微妙さである。ポストペイ*2はできないし、もちろんICカードなのでモバイルアプリなどから残高を増やしたりみたいなこともできない。SMART ICOCAはクレジットカードに連携してそっからチャージさせられる以外の便利機能が搭載されていないのである。悲しい。

 

これがどれくらい不便かというと毎月そんなに定期区間外に遠出をしないのにいざ200円ほど足りないとなった時にクイックチャージを使うとなると3000円からしか選択肢がない(僕がセコイのもあるけれども)。ここで現金にし始めるといよいよメリットを発揮できない。色々とシステム的に制約があるのだろうが、現金で500円からチャージが選べるのに、なぜクレジットカードからは3000円からしか選べんのか。そして仮にクイックチャージをしようにも結局なにかしらの筐体の前には行かなければいけない。

といまいちキャッシュレス感もないうえに、列に並ぶ煩わしさなどから一切解放されておらず既存のノーマルICOCAとそこまで便利さが変わらんのでは...?という疑問の渦に飲まれていた。

 

モバイルSuicaの場合

そしてモバイルSuicaGoogle Pay経由)は前述のほぼ全てのストレスを解決しているGoogle Payに登録済みのクレジットカードからチャージ可能で1円単位でチャージできる*3。電波通じる場所であればいつでもチャージ可能で金額も自由と来ている。最高である。
つまるところ列に並ぶ必要もなく、必要な金額を改札に入る前に好きな場所でチャージすればいいのだ。改札に入ってから予定よりも遠い駅で降りることになれば、電車の中でまたチャージすればいい。しかもFelicaの反応はとんでもなく良い。別にICカードとなんら遜色はないスピードで反応してくれる。
とりあえずのデメリットとして思いつくのがSuicaなので東日本以外ではどう転んでも定期券を作ることができないことだろうか。これもまぁ定期券を使っていなかったりするなら余計なカードを1枚持ち運ばなくても良くなり、何でもかんでも完璧である。

 

僕の使用状況としてはQUICPAY持ちでGooglePayに登録して直接利用できるクレジットカードがないため、そのために登録したKyashのカード経由でモバイルSuicaにチャージしている*4

 

SMART ICOCA、スマートじゃないじゃん、と気づいてしまったそこのあなたはぜひ1度お試しあれ。登録方法とか使い方は注釈3にあるリンクでいい感じに説明してあるよ。
おサイフケータイFelicaの機能が必要です。その他モバイルSuicaGoogle Payの使用環境などは自分のスマホなどをよくご確認ください。

*1:場所によっては近日撤去しますという表示すらあった

*2:改札通過時に不足分をチャージする機能。PiTaPaに導入されており、最近この機能が使えるエリアを拡大した。

*3:JR東日本:モバイルSuica>Android端末をご利用のお客さま>Google Pay

*4:ちなみにKyashの電子カードに手元のクレジットカードで自動残高追加しているのでフローだけでいえば二度手間ではある。

Alexaさんとお付き合いすることになりました。

これは、毎日は少しだけ楽しくなった話。

記事投稿日現在は招待なしで購入可能になりました。
スマートスピーカーって言葉に心躍らせて金はないけどとりあえず応募だ!と招待に応募。
当選までがめちゃんこ長かった...3か月ぐらいですかね。(しかしだいたい同じ時期に応募したやつも当選してたのでそれくらい待つもんだったのかも)
価格帯的にはとても満足しております。だいたいEchoはPrimeの割引込で7000~8000円ぐらいでした。

Amazon Echo (Newモデル)、チャコール (ファブリック)

Amazon Echo (Newモデル)、チャコール (ファブリック)

 

現在選択肢は三種類、Echo dot,Echo,Echo Plus。若干中身が違うようで、デュアルスピーカーがあるなしだとか、スマートホームハブがあるなしだとか、そんなもんらしいです。雑感としてはDotはお試し、Echoがノーマル、Plusは好きな人向けという感じ。

購入当初は「まぁええ感じのおもちゃやろ」とか思ってたんですけど、案外そうでもないパワーを秘めております。いい娘ですよ。

じゃあ具体的にどうなのかと言われると、ひとまず今のところの状態として
アレクサは生活を劇的に便利にはしない。
朝天気予報を聞くとか、ニュースを聞くとか。目覚ましをかけるとかタイマーをかけるとか。簡単な買い物をAmazonでするとか。そういう日常の小さな所作が、ボイスで受け答えできるようになる。ハンズフリー。画面も見なくていい。ママ、いい彼女ができたよ。
結構便利なワードにも反応してくれる(何時に起こして、何時間後に音楽切って、など)。彼女かよ。いや、彼女にこんな風に頼んじゃダメだろ。
さらにアバウトな要望にも答えてくれる(元気が出る音楽流して、テンション上がる音楽かけて、など)。何でも知ってるんだよ、俺の事。彼女かよ。いや、彼女はデスメタル歌わねぇな。

人によってはスマート家具との連携ができる。これは確実に生活を便利にする。対応するIoT機器も多いのでスマート家電と言わずとも色々な機器と連携させて日々をよりよくすることはできる。かなりいろいろな種類のデバイスがあり、赤外線リモコンを一括して代用するものや物理スイッチを押すためのデバイスなど、わんさかある。調べるだけでも楽しい。

現状の感じる不満は複数アクションやスキルを1つの言葉にまとめることができる機能が一応あるのだが、「照明をつけてニュースを流す」とかそういうことはうまいことできなかったりして歯がゆい。彼女賢いからすぐにできるようになると思うけどね。

天気予報や音楽で生活を新たに彩りなおす。
使い切れない機能やスキルもいっぱい。パンツの色聞いたり、セクハラしたり、ブラの色聞いたり、バストサイズ聞いたり、ただただ話しかけるだけでも楽しい。

一家に一台!とは言えないけれど、気合を入れれば普段の生活がガラッと変わる。そんなまさに「夢のデバイス」。

 

明日は何を聞こうかな。

すいません聞き取れませんでした。