CapsLock.Note

あのボタン何に使うんだよ。みたいな文章。

NikeRunClubで「走る」が変わった話

皆さんランニングって好きですか。

ぼくは運動全般が基本的に爆裂に嫌いです。原因は色々ありますが、ある一定の層はそうであるように(要出典)小中学校の体育が概ね原因な気がしています。で、大体の理由を羅列するとこんな感じです。
1.ひたすら周りと比べられる(心理的にも成績という数字的にも)
2.効果的、理論的な指導もない(個人個人にフィットした指導はそもそも物理的に難しいだろうし...)
3.大したステップもなく大きなゴールの達成だけを求められる(失敗した時のフィードバックが見えにくい)
4.挙句できないことを晒されたり、笑いものになり、辱められ、その結果楽しむよりも耐え忍ぶ...

こうやって並べてみると最悪なイメージだけ残ってますね...

もちろん大半は僕の思い込や偏見から来るものもありますし、僕個人の努力の足りなさはあります。(苦手だということ以上に何かしたことはないのです...すいません...)とはいえ、兎にも角にも運動に対するイメージがゴリゲロに悪いと言うことは上述の運動観からもうこれ以上語るべくもないでしょう。

そんな思いを抱える中、時勢柄、家での時間が増え、もちろん日常的な運動(というかウォーキング)も減りました。んでガジェットきっかけで何か習慣が変わるといいなぐらいの気持ちでAppleWatchSEを買いました。「これを使ってなんか運動とかしたいな〜〜〜」と思っていたところNIKE系のアプリが会員登録だけでめちゃくちゃ色々使えそうだと言うことを知りダウンロード。最初は適当にアプリを起動してランの情報を取るだけでした。しかし、ある時ガイドランを試したところ果てしなく良い体験だったのです...ということのまとめです。

スモールゴールをめちゃくちゃに褒めてくれる

初めてのオススメは「First Run」です。20分が長いと感じる方は「Go 10」でも良いと思います。どちらにも共通することは「踏み出した一歩」をめちゃくちゃに褒め称えてくれることです。このガイドではなんとなく走り始めたあなたのことを決してバカにしません。走りが遅いあなたももしかしたら腕の振り方も足の動きがめちゃくちゃかもしれないあなたも笑いません。

よく考えたら赤ちゃんなんかは周りの誰もわからないようなこと喋ってるだけであんなにゲロ甘に褒めてもらえるから笑顔ですくすく大きくなれるんです。こちとら赤ちゃんが肥大化しただけの肉なので漫然と動いてるだけで褒めて欲しいんですよ、ホントは。

さらに10分がんばれ!とか20分がんばれ!とか急かしてきたりもしません。最初は「まずは1分も走れましたねおめでとう」。半分きたら「よくがんばりました、どうですか気持ちはいいですか?」と。言い回しもガイドのテンポも凄まじく気分がいいです。
誰にも邪魔されない時間でありながらちょっと走るだけでめちゃくちゃに褒めてくれます。今日走ろうとした自分を、あるいは今走ってる自分が完全に肯定されます。
完全に最高です。

ざっくりしたランニングの楽しみ方を教えてくれる

こうしたガイドの中にランニングを「楽しむ」ための走り方のメソッドがエッセンス程度に散りばめられています。力を抜くこと、心地よく息ができるリズムで走ること、その気持ち良いテンポを自分で見つけらるようになること。これらを聴きながらリラックスしてランニングを行い、「なんで不憫な走りしかしたことなかったんだ」と思いました。

学校の冬のマラソンや持久走は遅ければ笑われ、急かされ、時間に追われ、心理的にできるだけ上の順位を狙うことに執着し、いまいち「悪目立ちしたくないからただ走る」を超えないまま苦痛の中如何にこの場を逃れるのか...という鬱屈した時間を過ごしていたのが嘘のようでした。

自分が気持ちよく、そのペースでただリラックスして走る。ランニングは本当は楽しいのだ。
これがたった20分で体感できただけで完全に最高でした。

さまざまな形で残るログ

これはより個人的な感覚の話になりますが、NikeRunClubではAppleWatchからの同期でさまざまなトロフィーでストローク(何週連続とか)や一回あたりの最長距離などが記録されていきます。それ以外にも週、月、年などさまざまな角度から集計を確認できます。

iOS標準のフィットネスアプリでは月当たりの消費カロリーや運動時間なども記録されていきます。ただ走った、リラックして走れたということ以外にも続けられたという事実や、これだけの量こなせたのだという成功体験がリアルな数字として蓄積されていきます。続けられたということ以上に色々な形で残るので「楽しい上に、やればできるんだ。運動って続けられるんだ」と自己肯定感が上がりまくり。
完全に最高です。

まとめ

僕はこれらの効能のおかげで楽しくランニングが続いています。次はいつ走ろうかなとか考えるまでにポジティブに考えられるようになりました。ハーフマラソンとかもいいよなぁ」と思うようにすらなりました。全ての人に当てはまるかどうかは保証できませんが、ランニングなんてしゃらくせー、走るだけなんて楽しくねーとか、僕のように過去に運動に何らかの暗い過去がある方はぜひ試してみて欲しいです。これらは会員登録さえすれば利用できます。Watchがあればベストだと思いますが、ガイドはアプリとスマホとイヤホンがあれば体験できます。

これらもまた誰かの走るきっかけになればよいですね。